OKI Open up your dreams

現在位置:Home > プレスリリース2015 >「関東地区電気使用合理化委員長表彰」最優秀賞を受賞


プレスリリース

2015年3月3日

株式会社沖デジタルイメージング
沖電気工業株式会社

「関東地区電気使用合理化委員長表彰」最優秀賞を受賞

クリーンルームにおける省エネ取組が高評価


表彰状を受取るODI小泉社長(右)

OKIグループのLED事業会社OKIデジタルイメージング(社長:小泉真澄、本社:群馬県高崎市、以下ODI)は、このたび、クリーンルームにおける省エネルギーを配慮した生産活動が評価され、「平成26年度(第73回)関東地区電気使用合理化委員長表彰」最優秀賞を受賞しました。2月26日に地区代表としてさいたま新都心合同庁舎にて表彰状を受取りました。

この表彰制度は、関東地区電気使用合理化委員会(注1)が、電力の有効利用の推進や負荷率改善等、電気使用の合理化に顕著な成果を収めた工場・事業場および個人の功績をたたえ広く社会に紹介することにより、合理的な電気使用の意識の高揚を図ることを目的としたものです。毎年工場・事業場の活動を(1)組織運営、(2)電力管理、(3)設備管理、(4)効率化、(5)特記事項の5項目から評価し、2月の省エネルギー月間に、優秀な実績をあげた企業に対し表彰が行われています。

1999年に設立したODIは、LEDをはじめ発光デバイスの設計・開発および製造を行う拠点で、環境ISO14001認証を取得し、OKIグループの環境方針に基づき、環境を配慮した生産活動を実施してきました。近年は特に、それまで施設環境の特殊性から聖域といわれ手をつけるのが難しかったクリーンルームの省エネに取り組んできました。

そのための具体策として、以下4項目を試みてきました。

  1. 冷凍機の稼働時間低減
  2. ピークカット時間契約の最大利用
  3. 空調最適化・温湿度緩和等による使用蒸気の削減
  4. 契約電力低減など派生的な費用削減

その結果、従来と比べて年間1850Mwhの削減(原油換算で約475KLの削減に相当)を実現しました。さらにこれらの実績とノウハウを外郭団体などへ報告し、情報共有を図りました。ODIのこれらの取り組みが高く評価され、今回の受賞に繋がりました。

ODIは、環境保全活動として地域ボランティア活動なども積極的に実施してきました。今後も省エネルギー活動に注力し、環境を配慮した生産活動を継続的に実施していきます。

ODIの概要

社名
株式会社沖デジタルイメージング
設立
1999年10月1日
資本金
1億円
従業員
75名(2014年4月1日現在)
代表取締役社長
小泉真澄
所在地
群馬県高崎市
事業内容
発光デバイスの設計・開発および製造

用語解説

  • 注1:電気使用合理化委員会

    1952年(昭和27年)に戦後の電力不足を背景に、「電気使用合理化の普及・促進」を目的として、(社)日本電気協会が提唱した「電力は国の宝」運動推進のために設立された組織で、全国および関東など10地区に設置されています。自家用需要家、電気事業者、電気関係団体、関係官庁など幅広い委員で構成され、電力の有効利用や総合的な省エネルギーの普及・促進・PR等、広範な活動を行っています。

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • 株式会社沖デジタルイメージングは、通称を「OKIデジタルイメージング」とします。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
電話:03-3501-3835
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ