• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > OKIについて > 投資家の皆様へ > 企業情報 > 社長メッセージ


投資家の皆様へ

企業情報 社長メッセージ 企業情報 社長メッセージ




沖電気工業株式会社
代表取締役社長
鎌上信也

みなさまには平素より弊社の経営に対しまして変わらぬご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

OKIグループの2018年度の業況は、情報通信事業が堅調に推移したことやEMS事業でのOKI電線の新規連結効果が、メカトロシステム事業とプリンター事業の減収を補い、売上高は前年同期比35億円増加の4,415億円となりました。営業利益は、情報通信事業での売上増や収益の改善、メカトロシステム事業の構造改革効果、プリンター事業での構造改革に伴う固定費削減や円安効果などにより、同98億円増加の175億円となりました。

経常利益は、為替差損を計上したものの営業利益の増加により、同70億円増加の155億円となりました。親会社株主に帰属する当期純利益は、特別損失にて事業構造改善費用およびメカトロシステム事業における減損損失を計上したことなどから、同25億円増加の84億円となりました。

2018年度の期末配当金につきましては、1株あたり50円を予定しております。

2019年度の計画は、売上高は前期比85億円増収の4,500億円、営業利益は同10億円増益の185 億円、経常利益は同15億円増益の170億円、親会社株主に帰属する当期純利益は、同56億円増益の140億円といたしました。情報通信事業では、社会インフラ領域を中心に売上の伸長を図りながら将来へ向けた投資を継続し、メカトロシステム事業は、リカーリングビジネスの拡大と事業の筋肉質化を進めます。プリンター事業では、新商品投入によるインダストリー市場の開拓を推進し、売上構成の改善に取り組みます。EMS事業は、新規顧客の開拓や新規受注の拡大を図り、増収増益を継続していきます。

2019年度の配当につきましては、上記計画と利益還元方針に基づき、1株あたり年間配当金50円(期末に実施予定)を計画しております。引き続き株主のみなさまに対し、安定的かつ継続的な利益還元を最重要課題として取り組んでまいります。

株主、投資家のみなさまには、これまでと変わらぬご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

2019年5月9日

関連資料

Get Adobe Reader
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

ページの先頭へ



All rights reserved, Copyright © 1995-2019 Oki Electric Industry Co., Ltd.